自分で対処できる、トイレの水漏れなどのトラブルとは?

トイレなどの水漏れが起きた時に、その解決をすべて業者に頼ってしまうと費用がかかります。トラブルの中には自分で対処できるトラブルも多くありますから、どういったトラブルならば自分で対処できるのかを知っておくと、費用や工事の時間を省く事ができて便利です。では、どういったトラブルが自分で対処できるのでしょうか。

■トイレットペーパーを詰まらせてしまった

トイレに大量のトイレットペーパーを流してしまい、これが詰まってしまったというトラブルは、自分で対処できる水回りのトラブルでもっとも解決しやすいものです。
ラバーカップなどを使う事で詰まりが解消できますし、時間をおいてから改めて流す事で詰まりが解消する事もあります。ただ、これは水に溶けやすいトイレットペーパーだからこそできる対処法なので、トイレの詰まりが全てこれで解決できるわけではないことも知っておきましょう。

■留め具の緩み、パッキンの劣化

水道管などに使われているパッキンが劣化したり、留め具部分が緩んでしまった事で起きる水漏れも、自分で対処する事ができるトラブルです。
パッキンの劣化の場合、一度元栓を閉めてから新しい物を購入して交換すればいいですし、留め具が緩んでいた場合も同じように元栓を閉めてからレンチなどを使って締め直せば対処できます。パッキンには型番がありますから、新しい物を購入する前に確認をしておくといいでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れなど水回りのトラブルには、自分で対処できるものも多くあります。どれが自分で対処できるのかを知っておけば、費用などの節約にもなりますし、水漏れが起きた時に慌てず対処する事もできるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ